2010年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.04 (Thu)

連れ去られたトイプードルを探しています

久々にこのブログの更新です。

本当はもう コチラは更新予定はなかったのですが、 一つ気になることがあったので

急遽 コチラのブログにも記事をUPさせてもらいます。


少しでも多くの方の目に留まれば と思いまして・・・。




神奈川県相模原市で起こった トイプードルの誘拐事件についてです。

連れ去られたのは 相模原市にあるロイヤルホーム内ペットショップで

看板犬をしていた トイプードルの ふらんそわ君です。

みんなからは「ふーちゃん」と呼ばれ可愛がられていたそうです。


ふーちゃんには持病があり、なんの知識のない方では飼育が困難なだけではなく、

ふーちゃんの命自体に影響が及んでしまう可能性があるそうです。






以下 飼い主のtommyさんのブログより転写いたします。(ほんの一部です)




勤め先の看板犬であるトイプードルが1月24日、夕方頃、連れ去られたようです。

警察には届け済み、

現在わかっていることは、出入口付近の監視カメラ映像に映っていた小さな子供を連れた夫婦が、17時52~53分にかけて、ふらんそわをみつめたのちに、女性がコートの中に何かを隠すように走り去っていき、女性を追うように小さな子供をかかえた男性が走り去っていく姿があったことだけです。

ホームセンター内ペットコーナーにて看板犬をしておりますが、子犬の頃から我が家にて育ち、家族として一緒に暮らしてきたコです。

些細な情報でもかまいません、よろしくお願いいたします。

発生場所

相模原市西橋本 ロイヤルホームセンター ペット館

時刻 16時~18時ごろ

名前 ふらんそわ(ふーちゃんと呼んでいます)

年齢 1歳半

種類 トイプードル(よくティーカッププードルと聞かれるほど小さいです。体重1.7キロ前後)

性別 オス 未去勢

毛色 レッド

現在は耳と背中にあるハートマークはダークブラウンにカラーリングしています。

なかなか見ないスタイルなので、連れていたら目立つと思います。

よろしくお願いいたします。

t02200293_0480064010394223634.jpg
t02200293_0480064010389087794.jpg
t02200293_0480064010389088263.jpg


その他の写真はこちらからご覧になれます






何も進展がないまま時間だけがすぎていきます。

ふらんそわは、お店のコですが

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、生後4か月のころからほぼ私の家で暮らしてきました。

他にいる我が家のわんこたちと同じように、家族として暮らしてきました。

お店のコを、どうして家で育てていたのか、それには理由があるのです。

ふらんそわは、小さなころから極端に食の細いコでした。

わがままで食べないのなら、おなかがすけば食べるでしょう。

でもふらんそわは違うのです。

食べない日が続き、痩せていき、体調を崩し生命の危険があるまでになっても食べないのです。

口を無理やりあけ、強制的に食べさせたことも何度もあります。

そして、持病ももっているのです。

食事管理を徹底し、定期的な通院、投薬をしなければ、ふらんそわは生きていけないでしょう。
 

家につれ帰り、食事管理をしながらここまで育て、ムラはありますがやっと一人で食べてくれるまでになったのです。

それも我が家限定です。

そんなコが連れ去られ、知らない環境で、知らない人からもらったごはんを食べれているのでしょうか。

その食事もどんなものをもらっているのでしょうか?


看板犬として、みなさんにかわいがっていただき、

たくさんの方から譲ってほしいと言われてきました。

それでもお断りし続けてきたのには、こうゆう理由があったからなんです。


今、ふらんそわと一緒にいる方へ

お願いです。

一刻も早くふらんそわを返してください。

警察に被害届は出してありますが、ただ無事にふらんそわを返してくだされば取り下げるつもりでいます。

直接来られるのは勇気がいるでしょう、

警察に保護しましたと匿名でつれていってくだされば、それでいいのです。

お店の前に温かくすごせるようにして、そっとおいていってくださっても結構です。

スタッフ、家族、たくさんのお客様や今まで知らなかった方も事件を知り

とても心配しています。

あなたにも、愛すべき家族はいるはずです。

そのご家族が、急に連れ去られてしまったら。。。

どう思いますか??

ふらんそわは今、どうしていますか??




また別の日の日記・・・
アニマルコミュニケーターさんを通じて・・・

転写
   


今日も相変わらず情報はありませんでした。

毎日張り裂けそうな思いで、近隣に見かけたらお願いいたしますとチラシをくばり、夜は転売されているのでは…と販売や里親系の掲示板をチェックしたりしています。


みなさんは、アニマルコミュニケーション信じますか?
写真から、その動物とお話ができるというアレです。

我が家も、前に練習中という方にお話していただいたことがあります。

5日間の捜索活動で何の情報も得られず、すがるような思いで以前お世話になった方へメールしました。

正しいかわからないけど…とおっしゃられながらも快く引き受けてくださいました。


以下、コミュニケーターさんから送られてきたふらんそわとの会話です。

> ふらんそわ君とのコミュニケーションについてご報告します。
>
> まず挨拶をして可愛いねと言うと
> 「可愛いからこうなったんだよね。そう思う」と答えてくれました。
>
> みんなが心配してると伝えると
> 「ボクはみんなに可愛がってもらってるからね」という答え
>
> 質問 体調はどう?
>
> 「今は特に変わったことない。具合悪いとこないよ」
>
>
> 質問 ご飯は食べてる?
>
> 「それがさ、あんまり食欲なかったんだけど色々な種類を出してくれて
> その中から少しずつ食べてるよ。ボクえらいでしょ?」
>
> (ご飯を食べると褒めてましたか?そんな様子でした)
>
> 質問 今どんな所にいるの?何か見える?
>
> 大きい窓とそこから庭が見えています
> 一戸建てかアパートやマンションだとしたら1階のように見えました
>
> 子供用なのかな?小さめの座布団かクッションに乗っている様子が
> 浮かびました
>
> 白いサークルも見えました
>
> 大人しいねーと言うと「うん、ボク大人しいって良く言われる」
>
> 「車に乗せられたときびっくりして、どのくらい乗ってたか覚えてないよ」
>
> 「家の中にいるし、まわりの様子も分からない」
>
> なんとなく「プーちゃん」と呼ばれているような気がしました
>
>
> 質問 今どんな気分?
>
> 「ここがボクの新しい家なの?」
>
> そうじゃないと伝えると
> 「そうなんだー。やっぱり寂しいよ」
>
> 「でも子供が笑うとちょっと嬉しいんだ」
>
> この時座って前足の片方か両方かを上げる仕草が浮かびました
> そういう芸みたいなことはしますか?
> そうすると子供が喜ぶみたいな感じでした
>
> 「時々子供が大きい声を出すとびっくりしちゃうけど」
>
>
> 質問 どんな人と一緒なの?
>
> 女の人は「ごめんね、ごめんねって言ってる。いっぱい可愛がるから
> ごめんって」
>
> 「疲れてるみたい。大変そう。時々泣いたりしてる」
>
>
> この家族とは初対面ではないようです。
>
> 「前にも会ったことあるよ。子供がボクのことを気に入ったんだ。
> それでどうしても欲しがるから連れて来られちゃったみたい。」
>
> 「ボクかわいいからさ」
>
> 男の人は「あまり話さなくて無口な感じ。でもなでてくれるよ」
>
> あぐらをかいてその上に子供を乗せてる映像が浮かびました
>
> 「ボクのことなでるけど抱っこはあまりしない。でも怖くはないよ」
>
> 「子供が笑うと大人が笑う。でもなんかカナちゃん家とは違うみたい。
> 静かだよ、すごく」
>
>
> 質問 カナちゃんに伝えたいことは?
>
> 「カナちゃんと一緒に寝たいな」
>
> 「ボクは見つけてもらえるのかな?それともこの家にいるのかな?」
>
> 今一生懸命探してることを伝えました
>
> 「体は今のところ大丈夫だと思う」
>
> 「寂しいけどなんとか大丈夫だよ」
>
> 「会ったら顔をくしゃくしゃってなでてね」
> (そういうなで方をするのでしょうか?)
>
> 「えらかったって褒めてね」
>
> 「ボク元気でいるから」
>
>
> 以上がふらんそわ君とのコミュニケーションです


ごはんを食べたら褒めるのも、顔をくしゃくしゃ撫でるのも、毎日ふらんそわにしていました。

撫でられた時の、迷惑そうなあの顔が、またかわいいんです。

5日間、私がしっかりしなくては!と泣かずに捜索してきました。

しかし、今日は無理でした。

ごはん食べれてるんだね、寒い思いしてないんだね、可愛がってもらってるんだよね。

ふーが生きているなら、それでいいよ。

時間はかかるかもしれない。
でも必ず探してあげるから、元気で待っててね。

Tommyでした。






これを読んで、飼い主様の気持ち等を考えると すごく悲しくって・・・

涙がでてきてしまいました。。。


ペットも家族です。

自分の子供を誘拐されたら どんな気持ちになるでしょうか。

連れ去ってしまった方は・・・ 一刻も早くふーちゃんを家族の元へ帰してあげてください!




発生場所は神奈川県ですので・・・ 

離れた場所にいる私にはなにもお手伝いできることはありませんが、日記にとりあげることで

少しでも力になれれば。。。いいな。



この記事を読んでくださった方で、ご協力いただける方は

是非是非 tommyさんの日記の転写をお願いしたいです><




Tommyさんのブログ → プードルときどきシーズー(*´∇`*)

関連ブログ → ふらんそわニュース  誘拐されたふさんそわちゃんのブログ








スポンサーサイト
01:01  |  未分類  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。